食べやすいように食材を柔らかくした日本の技術力が凄い

驚く事に、あの弾力があるタコが、ちょっと押せばペタンとなってしまうのです。煮物の里芋もちょっと押せばペタンとなりますし、ゴボウだってペタンとなります。その柔らかさは、なんと1000分の1という柔らかさなのです。

肉も魚も、野菜もちゃんと食感が残ると言います。味もかなり美味しくて、食べた人がみな、口を揃えて美味しいと言っています。こんな超柔らかい料理を開発したのが、なんと製薬会社なのです。

何故、料理などに関係がなさそうな製薬会社が開発したのかと言うと、酵素というものの働きと効果を調べているのです。人が食べた物は、幾つもの消化酵素で分解をしています。そこに目を付け、消化機能が弱っている人に最適な柔らかい料理を作り出しているのです。

加齢と共に年々衰える胃腸のためにも、より負担がかからない食べ物を開発するなんて、さすが製薬会社です。できればドロドロのミキサー食ではなく、やっぱり見た目も美味しそうで、楽しく食べれる料理を作ろうと必死です。

この超柔らかい食品を開発したのは、8年前からでした。会社から頼まれたそうで、その開発者は四苦八苦して研究に没頭しました。最初は駄目だと思いましたが、ミキサー食ばかり食べて食欲を失ってしまった人の事を知った時、やらなければならないと気が付いたのです。

色々なものを使って研究したところ、この酵素というものに目をつけたのでした。この研究が成功したのは、食材から水分と空気を出す事でした。そうする事で、より酵素が浸透して食材が柔らかくなるのです。

本当に人を助ける研究をしたなと感動しました。本当に食事って、人生の中でも重要なものだと思います。食べれないと、本当に何もかもが楽しくなくなってしまいます。美味しいものを食べれるから頑張ろうと思いますし、美味しいからまた働いて食べたいと思うものです。

そんな柔らかい食材は、これからの日本を変える重要なものだと思います。私が柔らかくしてもらいたいのは、アワビです。あれは、どうも噛めない食材です。

コメントは受け付けていません。

美容と健康に効果のあるビタミンB群が豊富な蕎麦

蕎麦が急に食べたくなる事があります。あの蕎麦というものは、日本人には欠かせない食べ物だと思います。あの蕎麦は、冷やしてざる蕎麦にしたり、タヌキ蕎麦やキツネ蕎麦にして食べるのも美味しいものです。動物の名前を付けるなんて、とてもユニークだなと思う料理です。

食塩が入っていない蕎麦もあり、より健康を考えたものがあります。食べてみたらしっかりと蕎麦のコクもありますし、コシもあって驚きました。なんら普通の蕎麦と変わりなく、値段も変わらないのも虜となった部分です。

その蕎麦は、すい臓の動きを活発にするそうです。胃腸のコンディションも整えて、消化を促す体に良い食べ物と知りました。そういえば、蕎麦を食べるといつもすぐにお腹が空くなと思っていましたが、蕎麦の栄養素や効果を知れば知るほど、魅力にハマっていきます。

あの蕎麦の茹でた後の汁が子供の頃は飲めませんでしたが、近頃は甘味を感じて美味しいなと思います。ボトルに入れておいて、冷蔵庫で冷やして何度かに分けて飲んでいます。その蕎麦の汁にコーヒーの粉末を入れると、よりコクが出て美味しくなります。

あの蕎麦に合うのが、甘くて美味しいイナリ寿司です。あのイナリにゴマや生姜を入れたり、豆を入れたりと、その地方によって入れるものが違う事があり、個性が出せる料理だなと思います。京都のお豆腐屋さんのイナリ用の味つけがされた油揚げがとても美味しく、こちらもハマってしまいました。とても品が良い味で、1度に30個も食べれてしまいます。

この蕎麦は、蕎麦粉100%というものなら、小麦粉100%のうどんよりもダイエットに適しているそうです。体に溜まってしまった脂肪の代謝を改善する働きがあるので、太っている人に最適な食べ物です。

蕎麦には、美容や健康に良いビタミンB群が豊富に含まれています。意外と食物繊維が多いので、便秘を解消する働きもあります。確かに、食べると便が出やすくなるなと感じる蕎麦です。

コメントは受け付けていません。

楽しみながら家事をするのが理想です

世の中の主婦というと、仕事をしながら家事をこなしている、という女性が多いのではないでしょうか。
しかし、外で仕事を持ちながら、家のことをしっかりとこなすということは、なかなか大変なことです。

家族の食事の用意をして、洗濯をし、掃除をして家の中を快適にキープさせるというのは至難の業だったりします。
そこで、いかに家事をらくにすませ、主婦業をこなした上で主婦が自分のゆったりできる余裕の時間を持てるのか、というのは一種の課題なのでは、と思うことがあります。

食生活においては家族が健康に生活できるために、栄養バランスのとれた食事を作るというのは大切なことですが、まずは食事自体を楽しむ、ということが大切なのではないでしょうか。

日々忙しくて、仕事に追われている主婦でも、おいしいものを家で準備して、ゆっくりと味わいながら食事をする、一杯のお酒とともにおいしい料理を味わう、というのは必要な時間だと思うのです。

自分の好きな料理を用意して、どんなに忙しくても、ゆっくりと食事を楽しむ時間の余裕がほしいもの。

またそんな時間をゆっくりと楽しむために、食事の準備や後片付けなどを、家族のみんながそれぞれ協力してくれるとありがたいものです。

そんなふうに日々の忙しさも家族が協力しあって乗り切っていくことこそ、大切な家族間のコミュニケーションになるのではないでしょうか。

家族が少しずつ家事を分担してくれることで、主婦の負担が軽減され、それにより主婦は家のことを丁寧に行う気持ちの余裕がでてくる、そして家庭でのゆったりと過ごす時間の円満さが実感できるように思います。
仕事や学校など、外での時間を過ごすことで、ストレスを感じてしまったり疲労感を味わうことは仕方のないことかもしれません。
しかし、家でのゆったりとしたリラックスした時間を過ごすということが、日々のストレスを癒す、大切な時間となるのです。

主婦が家事を楽しめる空間を作る、それはイコール、家族の協力なのでは、と思う今日この頃です。

コメントは受け付けていません。

バターや乳製品の不足が市民の生活不安につながりませんように

これは家庭の生活にも、不安がよぎるニュースがありました。
なんと、バター不足で、日本乳業協会が農林水産省に輸入を要請していることが発覚しました。

ケーキに使うバターや、ヨーグルトやアイスクリームに使う脱脂粉乳の不足が、昨夏よりかなり深刻な問題になってきています。

昨年の猛暑や、近年の農家の廃業に伴う「乳牛」の減少で、原料となっている「生乳」の生産量が減っているのが原因です。

農林水産省はバター5000トン、脱脂粉乳1万2000トンの緊急輸入を求める異例の要請を出しました。
猛暑での生乳の減少が原因だとしても、これからの生産数の絶対数が減るということが分かっています。

減るということは分かっているので、業界では「生乳不足はしばらく続きそう」との危機感が強く残っています。
貿易自由化への不安などから、酪農家の廃業が続いているので、このような事態が起こることになっています。

国内で生産される生乳の量は745万トンありますが、その過半数は価格が高いとされる牛乳に回されます。
牛乳にならなかった、残りの「生乳」がバターやチーズなどの保存食品になります。
生乳が不足すれば、まず最初に影響が出るのが、保存食品なのです。

チーズは民間企業が輸入することもできますが、バターと脱脂粉乳は制度上の問題から、国しか輸入出来ないことになっているのです。
農林水産省は5月にもバター7000トンの緊急輸入を決めていて、これからの生産数の懸念が強くなっています。
まだ、それほど大きく伝えてられていない問題になっていますが、これから家庭への影響がでてくるかもしれないのは、見ていても不安になってきますね。

家庭の食料品の値上げや電気代の値上げ、消費税の値上げなど、値上げの夏というのが市民の声でしょう。
インフレに向かっている状況に、この事態ですから、経済の不安定さも浮き彫りになっています。
バターなどの乳製品が少なくなることは、怖いなと思ってしまいます。
農家に対する手当を増やすて、生活に対する不安を除いていって欲しいですね。

コメントは受け付けていません。

ダイエットには調整できるステッパーが効果的

一時、健康グッズにとてもハマってしまいました。ステッパーにハマり、4個も買ってしまったのです。普通のステッパーを買ったら、次に負荷の調整ができるステッパーが出てきてしまいました。そちらを買い、確かに調整できると便利だなと思って喜んでいました。

すると、次にゴムで出来てるロープが付いているステッパーを知ったのです。そのステッパーが欲しくなり、買いました。調整もできるし、ロープも付いているという全身を鍛える事ができると毎日の様にやっていました。

そんな時、色が黄色で可愛いステッパーを知ってしまったのです。今度は色で変えたくなり、1万円も出して買ってしまいました。ずらりとステッパーが並ぶ光景は面白く、こんなに部屋に並べて飾っている人もいないだろうなあと思います。

自慢しちゃおうと、その光景をデジカメで撮り、仲の良い友達に見せました。そしたら、お腹を抱えて笑われました。

もうこれで満足だなと思っていたら、なんと、また新しい健康器具を買ったのです。今度は左右の腕と足を前後に動かすもので、太ももからふくらはぎを鍛える事ができるものです。二の腕も解消する事ができ、全身を無理なく引き締められます。でも、ちょっと場所を取るのが難点です。

腰でフラフープを回してウエストを引き締められるグッズを買ったりと、何個も買ってしまっている健康マニアな私です。今度は座りながら左右にお尻を動かし、ウエストを引き締められる健康グッズを買っちゃおうかなと企んでいます。

そんな私は、よくダイエットをします。このステッパーは、かなり痩せやすいと思いました。20分もやると、かなり全身の新陳代謝を上げる事ができます。足を上下に動かすだけでいいので、テレビを見ながらやれるのも魅力的です。このステッパーで足を動かす時には、両手を直角に上下に動かせば、よりダイエット効果を上げます。

できれば負荷を調整できるタイプの方が、より長く続けられて便利です。

コメントは受け付けていません。

最近TVで時代劇が増えている気がする

近年、昼間のTVでは、サスペンスや刑事・探偵ものが流行し続けていましたし、旅館の女将物語などもありました。しかし、時代劇はいつの頃からか陰を潜めて、お昼の時間帯では、水戸黄門だけという感じになっていました。その水戸黄門も、新しい制作がなくなり、過去の番組の放送となり、放送があることは嬉しいのですが、ちょっと寂しい気がしていました。

ところが、最近、なぜか時代劇が増えているような気がするのです。午後には、暴れん坊将軍も再放送され、懐かしい俳優さんたちの若い頃の姿が見られます。御家人斬九郎の放送や、NHKでも吉原裏同心などもあります。金曜プレステージでは、池波正太郎時代劇SPで、「剣客商売 鬼熊酒屋」が放送されました。いつの間にか時代劇が盛り返している様相です。

これはNHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」の視聴率の快挙の影響だと思ってしまいます。不振だった時代劇の良さを、官兵衛のおかげで再認識するようになったのでしょうか。日本人が持っていた義理や人情、正義などの良さを、皆がまた求めているように思います。

時代が落ち着いてきて、みんなが義理人情のような温かいものを求め始めているのかもしれません。時代が冷たく厳しいので、ほっこりとした人の心を味わわせてくれる時代劇に、懐かしさや憧れを持つのでしょう。

思えば、水戸黄門のように、良いことと悪いこと、許されることと許されないことを、TVドラマを見ることで、いつの間にか身つけていたと思います。倫理・道徳の授業のようなものです。日本人のDNAの中には、そういうものがあると思います。時代がゆっくりといい方向に向いているのかもしれません。

大岡越前・銭形平次・鬼平犯科帳など、過去には、その時々のTV時代劇のスーパースターがいました。官兵衛の主役岡田准一さんもジャニーズ系ですが、若い役者さんの中から、また新しい時代劇スターが出て来て欲しいと思うのです。時代劇は日本人の心なので、いつまでも受け継がれていって欲しいと思います。時代劇がある限り、時代を修正していく力がみんなに残っていくように思えるのです。

コメントは受け付けていません。

血流を改善するシトルリンや体脂肪燃焼効果のあるスイカ

夏になると、スイカを食べたいなと思います。
このスイカは、何故かジュースにならないなと思うのです。中学生の時、そんなスイカのジュース問題について、友達と深刻に話した事があります。スイカは味が薄いからジュースにならないとか、少し青臭いからならないんだと話し合ったのです。もしジュースになったら買うかとか、幾らなら買うかという事も話しました。

そんなスイカは、食べやすいようにカットされたスイカをよく見かけます。一人暮らしの人が多くなった今、小分けにされたスイカの方が売れるそうです。そのスイカも、切り方によっては凄く楽しい感じになります。星や動物等の形をした型でスイカを型抜きすれば、子供も喜ぶと思います。

スイカは型抜きがしやすいですし、赤い色でとても可愛らしいです。その赤い色を活かして、自分なりに工夫してみるのも良いと思います。黄色のスイカもあるので、星型がとても合うと思います。黄色と赤色のスイカが入っているフルーツポンチにすれば、より個性的で楽しく食べれると思います。

そのスイカの種を口の中から飛ばす人がいます。種を吹き飛ばすのもコツを覚えると、かなり遠くへと種を飛ばす事ができます。

そう言えば、果物の種を飛ばす大会があるそうです。出てみたいなと思いますが、みんなの前で種を吹き飛ばすのは、ちょっと恥ずかしい感じがします。スイカ割りで活躍しますし、健康にも良いスイカをもっと食べたいなと思います。

そんなスイカには、リコピンが豊富に含まれています。リコピンという成分には、体脂肪燃焼効果があります。又、血流を改善するシトルリンも含まれています。血管を若返らせる嬉しい働きがありますので、体内からアンチエイジングする事ができます。むくみを防止する事ができるカリウムも豊富ですので、むくみで困っている人に最適なスイカです。

そのスイカに含まれている成分をより効果的にするには、生クリームと一緒に摂ると、より効果的です。

コメントは受け付けていません。

我が家のお気に入りの焼肉屋さん

我が家は月に一度焼肉屋さんに行きます。

三歳と一歳の子供がいるのですが、長男は聞き分けが出来るようになったので、焼肉屋でもそんなに危ない目に遭うことがなくどうにかなっております。

ところが、一歳の子供は動き回ったりいろんな物をいじったりするので、徐々に焼肉屋での食事が厳しくなってきました。まだ歩き回らない動き回らないうちはよかったですが、最近はそうも言ってられなくなり食事を取るのも大変になってきました。
お気に入りの焼肉屋さんとは、焼肉きんぐというチェーン展開してるお店です。

たまたま自宅からそんなに離れてないところに新しく出来て、行ってみたら結構よかったので、それからは月に一度焼肉の日を設け家族で行っております。3コースある食べ放題のうちの一番価格が安いコースを頼んでおります。

以前に3コースそれぞれを頼んだことがあります。何が違うかというと、価格が高くなるほどメニューが増えていきます。ですが、珍しい物は一度食べてどんな物か分かれば結構また頼もうとは思わなかったりします。

具体的には、石焼ビビンバが一番高いコースにあるとします。これは一度食べればもういいやとなったりします。ただのビビンバご飯でいいやとなったりします。また、時間内に食べるとなると結構お腹いっぱいになるので、何回も同じところに行くと最終的には一番安いコースでもいいよねとなり、毎回そうなってきました。
最初は、元を取ろうと結構なハイペースで注文してたのですが、毎回食べ終えた後に食べ過ぎて苦しい思いをするので、徐々にどんなペースで食べるといいかがつかめるようになりました。また、何回と同じお店に行ってるので、大体のメニューに載ってる物は注文して味が分かってます。なので、最近では頼むものも決まってきて、自分たちのペースで食べられるようになりました。
このお店の特徴は何と言っても、食べ放題がメインのお店なのですが、全て席に持ってきてくださるのです。小さい子供がいる我が家はそれはかなり助かります。ジュースや飲み物も持ってきてくれます。注文してから席に車での時間も早いです。味も、特別ものすごくではないですが、この値段ならこんなところかなと言った感じです。”

コメントは受け付けていません。

気合を入れてダイエット生活

私は、太りやすい体質なのか、普通にご飯を三色食べただけでも、なぜか体重がきずいたら、1キロ2キロとふえていたりすることがよくあります。

なので、最近ダイエットを始めようと思いました。

どうしたら痩せるのか、すごく考えました。

いろりろなダイエットがあるけど、私にはどれが合っているのかと考えると、なかなかよくわからなくなってきてしまいました。

しかし、やり始めないと始まらないし、とりあえず、朝食はパンとバナナにしました。おなかがすいたときは、バナナを食べて紛らわすことにしました。

バナナは、森久美子がよくテレビで食べても太らないと言っていたので、もともと果物が大好きな私は、実践してみることにしました。

そして、昼職は、普通に食べて、夜が勝負だと思い、炭水化物なしダイエットに挑戦することにしました。

炭水化物がないとなると、かなり夜寝るときにおなかがすいてしまうと思いましたが、そんなときは、私の大好物名果物のバナナを食べればいいんだと思い、心強かったです。

色々と情報を調べてみたところ、炭水化物というか「小麦粉」製品全般を取らないようにするとダイエットがしやすいのだとか。。。
小麦粉の中に入っているグルテンという成分がダイエットの大敵なんですって。
海外セレブといわれている人や日本でもダイエットに詳しい方は「小麦粉」を摂取しない
【グルテンフリーダイエット】を行っているそうです。

それから、時間があるときは、少しウオーキングをしたり、なわとびをしたり、体を動かすことも大事だと思いがんばりました。

もともと、そんなに運動に関しては苦手ではなかったので、運動も、時間があるときはがんばれました。

そして、がんばった成果を発表したいと思います。

2週間がんばったところ、なんと2キロも減っていたのです。こんなにすぐに体重が落ちるとは思っても見なかったのですごくうれしかったです。

そこで、ダイエットに火がついてしまい、私は半身よくも挑戦することにしました。

半身浴は、体の代謝を良くし、体にもいいと効いたので、一石二鳥ということで、少し厚いのが苦手でしたが、20分の半身浴を毎日するようにがんばりました。

半身浴をすると、夜が寝つきがよく、ぐっすりと寝れるのですが、私にはダイエットとしては、合っていなかったのか、体重の変化は特にありませんでしたが、気持ちがいいので、続けていこうとおもっています。

しかし、持続するには難しいですね。

たくさんの誘惑に勝たないといけないからです。

わたしは、目標5キロを落とすまでは、くじけずにがんばりたいと思います。

コメントは受け付けていません。